×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





石見神楽温泉津舞子連中
団体紹介


活動拠点:島根県大田市温泉津町

 平成9年、温泉津(ゆのつ)に神楽社中を作ろうと、地元の若者が集まりました。結成当初は「温泉津町神楽同好会」という名称で、地元の敬老会やイベントなどで神楽を披露していました。平成14年には、温泉津町石見神楽振興会の援助によって神楽幕を購入し、その際「神楽の原点を失わないように」と古い神楽団の呼び名である舞子連中の呼称を用い、「石見神楽温泉津舞子連中」に改名しました。
 これまでの主な出演は、地元神社例祭を始めとし、島根ふるさとフェア、温泉津温泉夏祭、関西町人会、平成16年からは京都造形芸術大学(京都市左京区)との交流も始まり共同企画である「海神楽」、「新春神楽」を開催し、温泉津の神楽団として定着してきたところです。
 当団の創作演目に龍御前(たつのごぜん)神社の威徳をテーマにした「龍神」、八岐大蛇(やまたのおろち)の後日談を描いた「八面(やつおもて)」があります。





ホーム

(C)2010 Iwamikagura Yunotsu Maiko Renchu